MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

カードローン審査ナビ

カードローン審査は体験談を見てから利用するのがベストです。
カードローンを利用する場合の申し込み・審査から、実際に融資までの流れを解説しています。
各金融機関によってサービスや金利、返済日などが異なるので、それらで選びましょう。

 

 

目次

 

カードローン審査の口コミとは?

 

カードローン審査

 

カードローン審査は口コミを参考にして利用した方が失敗が少なくなります。
カードローン審査を実際に利用したことがある方の口コミをご紹介します。
カードローン審査の良い口コミと悪い口コミを両方比較してみましょう。

 

カードローン審査が早くてビックリ

 

初めてカードローンに申し込んでみました。
これまで、銀行フリーローンやマイカーローンは利用した事がありましたが、カードローン審査に関してもその時と同じようなイメージを抱いていました。
審査が早いというので、銀行カードローンではなく、消費者金融カードローンを無人契約機を利用して申し込みしました。
申し込みに関してはマイカーローンやフリーローンとあまり変わりがなかったので気になりませんでしたが、驚いたのはすぐに専用のカードが発行された事です。
そして、そうこうしているうちにカードローン審査が終わった、というので驚きでした。
最初は「申し込み手続きが完了した」という事なのかなと思っていたのですが、そのカードを使ってキャッシング出来る殿連絡だったのでビックリです。
実際に、ATMでキャッシングしてみたら、あっさりと借りられたんです。
カードローン審査が早いとは聞いていたのですが、まさか申し込みが完了してから1時間足らずでキャッシング出来るようになるとは思ってもいませんでした。
よく「即日融資」なんて言葉を耳にしますけど、ただのアピールで実際はそんな事がないんだろうな、と思っていましたが、まさに本当に自分が即日融資してもらえるとは思いませんでした。
これなら、何も焦って借りなくても良かったかな、本当に必要な時、その日に申し込んでもよかったんだな、と思っています。
今後、カードローンを利用する事があったら、そうしたいと思います。

 

ダメかと思ったら審査がクリアできた

 

子供ができて、いろいろと必要なものが出てきてしまい、これはお金を借りないと光熱費とか生活費を支払えないな、という状況になってしまいました。
ただ、僕はそう収入も多くありませんし、こんな状況でカードローン審査は通るのだろうか、と不安に思っていました。
結婚の際にも、婚約指輪とか新婚旅行とかでお金が必要になったので、銀行カードローンを申し込んだら、審査で落ちてしまったものですから、多分今回も駄目なんだろうと思っていたんです。
実際、結婚の時と同じ近くの銀行のカードローンに申し込んでみたら、やっぱり駄目でした。
やっぱり自分はカードローン審査もクリアできないんだな、と半ば諦めていました。
ただ、友人が銀行カードローンがダメなら消費者金融カードローンに申し込んでみたら?と言われたので、「どこでもダメだよ」と思いながらも、無人契約機に行って申し込んでみたんです。
すると、銀行で申し込んだ時とはちょっと担当者の印象が違いました。
銀行の場合には、最初から厳しいだろう、的な雰囲気があったのですが、消費者金融の場合には当然大丈夫ですよ、的な雰囲気なんです。
その後も、スムーズに申し込み手続きが終わり、そして消費者金融から「10万円までの融資が可能になりました」と言われたのです。
一瞬、「えっ」と言ってしまいました。
まさか駄目だと思っていたのがカードローン審査がクリアできたんです。
自分がブラックリストに載っているわけじゃないんだな、と嬉しくなりました。
闇金じゃないの?とちょっと疑いましたけど、大手でしたしその後も問題なく利用しているので大丈夫です。

 

収入証明書が必要なんて聞いてないよ

 

インターネットなどでも、テレビCMなどでもカードローン審査には収入証明書不要、と聞いていました。
もちろん融資限度額によっては収入証明書が必要になるという事も知っていましたし、自分は20万円借りたいだけだったので、それも問題ないと思っていたんです。
そのため、銀行窓口に行ってカードローンを申し込みしてビックリしました。
なんと収入証明書が必要との事でした。
「えっ、収入証明書要らないんじゃないんですか?ポスターにも不要って書いていましたよ」とポスターを指差して言ったのですが、どうやら自営業者は収入証明書が必要なようでした。
ちょっとけんか腰に言ってしまった手前、引っ込みがつかず「じゃあいいや!」といって帰って来たんです。
そして他の銀行に行ってみてもやはり収入証明書が必要と言われてしまいました。
そこでは、おそらくどこの銀行でもそうですが、消費者金融でも提出を求められると思います。とのことでした。
ぶっちゃけ、収入証明書が必要なんて聞いてないよ!と言いたくなりました。
それから確定申告書を探したんですが、すぐに見つからず、仕方なく市役所で納税証明書を取ってきました。
ところがその頃には銀行窓口が終わる寸前で、結局申し込みは出来たのですが、即日融資はできませんでした。
最初の時点で、収入証明書を持っていっていれば即日融資出来たかもしれません。
それはもっと大きく書いておいて欲しいなと思いました。
後から知ったのですが、そのまま納税証明書を持って消費者金融の無人契約機に行けば即日融資も出来たかもしれないそうでした。

 

会社に電話がかかってきて焦った

 

どうしても週末にお金が必要になったので、仕事中にもかかわらずちょっとスマホで消費者金融カードローンを申し込んだんです。
これまでカードローンは申し込んだ事がなかったのですが、年収的にも職業的にも、そして他の借り入れもあるわけではないので、おそらくカードローン審査は問題なくクリアできるだろう、と思っていました。
そして、無人契約機でカードを発行すれば即日融資も可能、という知識もありましたので、安心していたんです。
ところが、スマホで申し込んで1時間もしないうちに、会社に電話がかかってきて「○○さん(私の名前)、△△さん、という方からお電話です」と。
△△さん、という知り合いはいないので、何だろうと不審に思いましたが、なんと消費者金融からの電話でした。どうやら在籍確認の電話だそうで、生年月日を言って終わりだったのですが、まさか会社に電話がかかってくるとは…凄く焦りました。
当然、電話口で生年月日を言っているところを聞いて、会社の同僚には「何の電話だったの?」と怪しまれました。
ただ、保険の勧誘だった、とごまかして何とかなりました。
我ながらうまくごまかせたなと思いました。他の人なら、おどおどしていたろうなと思います。
あぶなかった。
その後、無事カードローン審査もクリアできたそうで、キャッシング出来るようになりました。
スムーズに借りられた事は借りられたのですが、在籍確認の電話だけがちょっと不用意だったなぁと思っています。

 

カードローン審査とは

 

カードローン審査

 

おかねが必要になった時には、金融機関からお金を借りる、という方は少なくないはずです。
金融機関にはいろいろなローンがありますが、その中でも非常に使い勝手がいいローンにカードローンがあります。
カードローンは審査が早く即日融資はもちろんのこと、申し込みからカードローン審査結果が分かるまで1時間足らずという場合もあります。
また、カードローン審査を申し込んでも、実際にキャッシングしなければ当然返済する必要もなく、万が一の時のために1枚持っておくというのもいいでしょう。
ただカードローンを持つためには、必ず金融機関のカードローン審査を受けないといけません。
もちろん融資審査はどのローンでもおこなわれるものですが、それらのローンとは審査項目や基準が異なることがあります。
カードローン審査でポイントとなる項目はまずは年収です。
そしてその年収がどのような職業で得られたものなのか、またどのような職場で働いて得たものなのかなども審査項目になります。
その他にも家族構成や年齢、住まいの状況、他の借入金、これまでの信用実績などいろいろな項目をチェックされます。
いくらカードローン審査が早いといっても、審査がアバウトというわけではなく、厳正な審査がおこなわれているので、申し込めば必ず審査がクリアできるとも限らないのです。
カードローンというと、カード破産、消費者金融、という言葉が思い浮かぶのではないでしょうか。
確かに比較的借りやすい、そして金利が高いということもあり、やはり借り過ぎには注意しないといけません。
また消費者金融=闇金と勘違いされている方も多く、どうしてもカードローンのイメージはよくありません。
本当は違っていても、その人の持つイメージはなかなか払拭できるものではないので、カードローン、特に消費者金融カードローンを利用することでその人のイメージが悪くなってしまうこともあります。
そういったこともありなかなかカードローンを利用できないという方もいますが、今は他人はもちろん家族にも知られずにカードローン審査を受けることもできるので、そういったポイントも抑えておくといいでしょう。

 

カードローン審査〜融資までの流れ

 

カードローン審査

 

カードローンを利用する場合には、申し込み・審査から、実際に融資まではどのような流れになるのでしょうか。
まずはどこの金融機関のカードローンを利用するのかを決めます。
大きく分けると銀行カードローンと消費者金融カードローンに分けられます。
その他各金融機関によってサービス、金利、返済日などが異なるので、それらで選びましょう。
まず銀行カードローンの場合には、まずは融資窓口似てカードローンを申し込みします。
そこでは申込書に必要情報を記入して提出します。
その際、運転免許証などの本人確認書類、また状況によっては収入証明書も必要になります。
その後審査結果を待ちます。
最近はインターネットで申し込む事ができます。
そちらだと店舗に行く必要はありません。
カードローン審査がクリアできれば、その後はたいてい郵送にてカードが送られますので、それをATMで利用してキャッシング出来るようになります。
金融機関によってはカードが到着する前に口座に必要な額を振込してもらえる場合もあります。
消費者金融の場合には、最寄りの無人契約機に行きます。
そこで指示に従って申し込みをしていきます。
その後カードローン審査がクリアできれば、消費者金融の場合はその場でカードが発行され、それを使ってキャッシング出来るようになります。
また申し込みはインターネットでも可能で、カードローン審査がクリアできればやはり無人契約機に行ってカードを発行してもらう事になります。

これらの申し込みは電話などでも可能ですので、窓口に行けないインターネットは使えない、という方はその方法もあります。

 

カードローン審査のスピード

 

カードローン審査

 

カードローンの特徴と言えるのが、その審査スピードです。
一般的なローン、特に住宅ローンなどは仮申し込みをして、本申し込み、融資が厳しいとなれば保証人や担保をつけてほしいと言われる事もあり、それに応じて必要書類はさらに多くなります。
結局申し込みから審査をクリアできるまでに何週間、時には何ヶ月もかかってしまう事もあります。
フリーローンでさえ、仮申し込み、本申し込みがあり、実際に口座にお金が振り込まれるまでには1〜2週間かかってしまうこともあるのです。
土日祝日などが絡むと、さらに審査に時間がかかってしまう事があります。
カードローン審査のスピードは、それらに比べるとかなり早いです。
金融機関によって、もしくはカードローン申し込み時間によっても異なりますが、早く申し込みできれば即日融資も可能ですし、遅くとも翌営業日までは審査は終わります。
特に審査が早いのが消費者金融カードローンです。
もちろん時間帯や申込人の情報などによっても異なるでしょうが、申し込み完了からカードローン審査結果が出るまで最短で30分というところもあるのです。
申込書に記載・入力するのにも10〜15分くらいかかるでしょうし、審査結果が出てからカードの発行、そのカードを使ってATMでキャッシングするとなると、それも早くとも数十分はかかるでしょう。
それをみても、申し込み開始から実際にキャッシングしてお金を手にするまでには1〜2時間もあればできます。スムーズにできれば申し込み開始から1時間以内でのキャッシングも不可能ではないのです。

 

カードローン審査の在籍確認について

 

カードローン審査

 

カードローンに関わる基礎知識としては在籍確認があります。
その名の通り、在籍しているかどうかを確認するという事ですが、詳しくない方は何の在籍をどうやって確認するの?と思う事でしょう。
在籍確認とは、カードローンの申込書に記載した勤務先で本当に勤務しているのか、その会社に在籍しているのか、というのを確認することになります。
カードローン審査では50万円以内の融資限度額(100万円、300万円というところもあります)の場合には原則として収入証明書の提出が不要となります。
ということは、年収もそうですが、職業・勤務先すらごまかす事ができてしまうというわけです。
本当は景気の悪い小さな会社に勤務しているのに、勤務先を大企業にしてしまえば、安定収入があると判断されてカードローン審査を有利にできます。
在籍確認はそういったことができないように、申込書に記載した勤務先に直接電話を入れるのです。
そこで本人が出ればもちろんOKですが、本人が電話に出れなくても「○○(申込人)は今外出しています」もしくは「○○(申込人)は本日は休みになっています」というように電話には出れないが在籍している旨がわかればいいのです。
収入証明書不要というのは、逆を言えば在籍確認があるからこそ、最低限これくらいの収入はあるだろうという判断ができるためです。
ですので、在籍確認ができずにカードローン審査がクリアできる事は基本的にありません。
また、在籍確認はカードローン審査の最終項目とも言えるので、勤務先に在籍確認の電話がかかってきた時点で審査はクリアと言えるでしょう。

 

銀行vs消費者金融、カードローン審査の違い

 

カードローン審査

 

カードローンを大きく分けると、銀行カードローンと消費者金融カードローンとに分けられます。
では、銀行と消費者金融、カードローン審査に関しては何か違う点はあるのでしょうか。
カードローン審査の審査項目については基本的に銀行も消費者金融もほとんど変わりません。
年収、職業、勤務先、年齢、扶養家族、住まい、他の借入金、返済実績などのポイントで比較されます。
銀行と消費者金融とでは審査基準が異なると言われますが、これについては明確にはわかりません。
そもそも銀行カードローンにしても、その銀行によって審査基準が異なるので、銀行だから審査がどう、消費者金融の審査はこう、という事が一概には言えないのです。
ただ、カードローン審査を受ける上ではちょっと違う点があります。
銀行の場合は基本的に土日祝日は営業していませんので、その時に申し込みしても審査は翌営業日になってしまいます。
ですが、消費者金融の場合には土日祝日関係なく、申し込んだその日にカードローン審査が行われます(深夜は除く)。
そのため、申し込み日によっては消費者金融の方が審査結果が早く出ます。
また、消費者金融の場合には、各地域に無人契約機があります(銀行にも一部あり)。
そちらから申し込みができるので、人に合わずにカードローン審査を受けることも可能です。
そしてカードの受け取りもその場でできるので、誰にも知られずにカードローンを契約する事も出来ます。
銀行の場合は申し込み自体はインターネットでも出来ますが、たいていカードは郵送となるので、家族にばれる可能性はあります。

 

カードローン審査の総量規制とは

 

カードローン審査

 

カードローン審査で覚えておいた方が良いこととしては、総量規制があります。
カードローンを申し込む際、よく出てくる言葉であり、総量規制により…とか、もしくは総量規制の対象外のため…、というのを目にします。
総量規制とは貸金業法で定められているもので、簡単にいうと年収の3分の1以上の借入は出来ないというものです。
これは、カードローンを複数持って、かなりの金額の負債に陥ってしまい、多重債務で自己破産するというケースが増えたために制定された法律で、簡単に言えばその人の年収では返済できないくらいの借入はできなくなるというものなのです。
これにより、以前のようにカード破産、自己破産に陥る方が少なくなったと言われています。
ただ、その分、カードローン審査に影響は出ています。まさに年収の3分の1の借入をしている場合には、それ以降のカードローン審査は原則としてクリアできません。
じゃあ、住宅ローンがある人はお金は借りられないのでは?と思うでしょう。
確かに住宅ローンを利用して家を購入・建てた場合には数千万円の借金となってしまうでしょうから、それだけで年収の3分の1以上になります。
ただ、総量規制には対象外となるもの、除外される項目などがあり、住宅ローンやマイカーローンなどは関係ないのです。
あくまでそれ以外の借入金についてなのです。
また、総量規制は貸金業法によるもので、これは主に消費者金融の事を指します。
ですので、銀行カードローンの場合には総量規制の対象外となるので、年収の3分の1を超える借入でも条件によって融資してもらえる可能性はあります。

 

カードローン審査に必要なもの

 

カードローン審査

 

いざカードローン審査を受けるという場合、何か必要なものはあるのでしょうか。
カードローン審査は早いとは言うものの、どこも見ないというわけではありません。
ただカードローン審査の特徴としては、基本的に身分証明書があればOKです。
自動車の運転免許証がある方はそれだけでカードローン審査を受けることができます。
ですので、無人契約機に自分の車で向かう、なんて人は当然運転免許証を持っているでしょうから、特別何かを準備する必要もないのです。
ただ、金融機関によってはカードローンの毎月の返済を口座振替を勧められる場合もあります。
その際には、口座番号も準備しておく必要があるでしょう。
また、基本的に50万円以下(金融機関によっては100万円以下、300万円以下のところも)の借入の場合には収入証明書は必要ありませんが、申し込みの状況によっては収入証明書の提出を求められることもあるのです。
例えば、自営業者などは在籍確認だけでは本当に充分な収入があるかどうか判断出来ませんので、確定申告書や課税証明書などの提出が求められる事が多いのです。
また、カードローン審査の際に、勤務先が休みだとその日に在籍確認ができない場合もあるのです。
そんなケースで即日融資してもらいといっても在籍確認ができないので無理です。
そんな時には、直近の給与明細書や、社員証など勤務実態が確認できる書類が必要になる事もあるのです。
ですので、基本的には身分証明書だけでOKですが、絶対にそれだけで大丈夫と思い込まない方が良いでしょう。

 

カードローン審査の基準となる年収はどれだけ?

 

カードローン審査

 

カードローン審査で、全ての審査項目の基準ともなるのが年収です。
もちろん、年収が高ければ必ずカードローン審査がクリアできるというものではありませんが、その他の条件が同じであれば、やはり年収が高い方が審査には有利でしょう。
逆に、年収がゼロ、つまりアルバイトにもつかずに無職という方は、お金を借りても返済能力がないのでカードローン審査をクリアできることはありません(専業主婦を除く)。
年収がどれだけあればいいのか、というのは一概には言えませんが、他の借入金などがない状態であれば、年収の3分の1前後の借入まではクリアできる可能性はあります。
また消費者金融カードローンの場合には総量規制により、強制的に年収の3分の1以下の借入しか出来ない事になっています。
もちろん、人によっては、年収の3分の1以上、もしくは2分の1だって返済していける、と自分でそう思う人もいるでしょう。
もちろん、それくらいでもカードローン審査がクリアできる可能性はありますが、生活をしていれば食費、生活費、光熱費、交際費などいろいろかかるもので、急な出費などもあるものなのです。
そのため、やはり一般の収入の方は年収の3分の1というのがある程度の目安となっているようです。
ただカードローン審査では、基本的に収入証明書の提出は不要となっています。
ですので、金融機関ではその年収が正確にいくらなのか確認する手段はありません。
ですので、年収をごまかそうとする方もいますが、それはやめておきましょう。
審査で落ちてしまうということは返済が厳しいということですから、ごまかした所で返済が滞ってしまう可能性は高いのです。
そして万が一年収をごまかしているのをわかられればそれが審査に影響する可能性もあります。

 

カードローン審査にとって安定した職業とは?

 

カードローン審査

 

カードローン審査でチェックされるポイントとしては職業があります。
審査の基本となるのは年収ではあるのですが、その年収がどのようにして得られたものであるのか、つまりどのような職業に就いているのかが審査では重要になります。
融資をする金融機関では、貸したお金をしっかりと利息を添えて返済してくれるかどうかがポイントになります。
そのため、ある程度の年収があれば、毎月返済はできるでしょうから、融資金額によってはそこまで高い年収を求めているわけではないのです。
もちろん高額融資なら年収が大きなポイントになりますが、50〜10万円程度の融資限度額であれば、一般的な年収があれば問題ないのです。
ただ、肝心なのか申し込みをした時の年収ではなく、その年収が本当に完済するまで得られるものなのか、という点なのです。
仮に申し込みをした時の年収が充分にあっても、2年後、3年後には極端に年収が下がってしまう、もしくは無収入になってしまう可能性がある職業だと、審査が厳しくなるのです。
つまり、高収入はそれほど重視しませんが、安定収入が求められるのです。
収入が安定しているかどうかというのが、職業によって変わります。
例えば、公務員の方であれば、よほどこの事がない限り解雇される事はないでしょうし、勤務先が倒産ということはないのです。少ない年収だとしても、年々アップしていく事が予想され、下がる事はまずないでしょう。
ですが、会社員だと倒産やリストラの可能性は少なからずありますし、自営業の方だと、その時の景気、流行によって大きく年収が変わってしまうことがあります。
そのため安定した職業に従事している事がポイントになるのです。

 

カードローン審査における勤務先の記入例

 

カードローン審査

 

カードローン審査でチェックされる項目としては、勤務先があります。
カードローン審査では必ず勤務先を記載しないといけませんが、勤務先は最終審査項目である在籍確認の時に必要ですし、年収が安定しているかどうかを確認する上でのポイントともなります。
勤務先はどこでも年収があればいいのでは?と思うかもしれませんが、勤務先によって年収の安定度がちょっと異なります。
例えば、会社によって倒産のリスクは出てくる場合もあります。
大企業であれば、そのリスクは極めて少ないと言えますが、中小企業となれば、ちょっとしたことですぐに業績に表れてしまう事もあります。
もちろん倒産まで行かないにしても、リストラに遭う可能性はあるでしょう。
同じ年収だとしても、勤務先によってカードローン審査の結果が変わってくることもあるのです。
じゃあ、勤務先を偽ったらどうなのかな、金融機関でわざわざ働いているかどうか見に来ないだろう、と思う人もいるのではないでしょうか。
ですが、カードローン審査の最後には記載した勤務先に電話をかけて在籍確認を行う事になっているので、偽って記載すればカードローン審査はクリアできないのです。
また、勤務先とともに重要なのが、その勤務先に何年従事しているのかという点です。
かなりの年数従事している方なら会社にとって欠かせない人物であることも多く、万が一会社の業績が悪化した場合でもすぐにリストラに遭う事も少ないでしょう。
また自ら退社することも少ないと思われます。
逆に勤務して間もない方だと、仕事になじめずにすぐやめてしまう可能性もあるので審査は厳しくなるでしょう。

 

カードローン審査は家族構成の何をチェック?

 

カードローン審査

 

カードローン審査では家族構成もチェックします。申込書には家族構成を記載する欄があります。
カードローンを申し込むのに家族構成は関係あるの?と思うかもしれません。
また、中には家族に内緒でカードローンを申し込んでいるので家族構成も知られたくない、いいかげんに書こうとする方もいるかもしれません。
ですが、この家族構成もカードローン審査でのポイントになるのです。
どういった家族構成だとカードローン審査に有利か、何人家族がいいというと、それは一概には言えません。
基本的に何人家族なのかは関係なく、ここで重要になるのは扶養家族の数なのです。
つまり家族の中で働いておらず、申込人の収入で生活している人がどれだけいるのか、というのが重要になってきます。
扶養家族が3人いる場合と、一人もいない場合では、生活費や光熱費などいろいろな面で変わってきます。扶養家族が多いとそれだけ年収から返済に回せるだけのお金が少ないと見られてしまうのです。
たとえばアパート一人暮らしをしているのと、結婚して同じアパートに働かない妻が住むようになった状態を比べれば、当然一人暮らしのほうがかかる費用が少なくなるので返済能力が高いということになるのです。
逆に、家族が少ないほうがいいということでもありません。
先述の例で、結婚した妻も働くようになれば収入が2人分になるので、逆に返済能力が高くなるのです。
もちろん、カードローンの申し込みで偽ってはいけませんが、もし審査が厳しい場合には、妻も働くようにするだけで変わるかもしれません。

 

カードローン審査で住まいは何が有利?

 

カードローン審査

 

カードローン審査では、住まいの状況についてもチェックされます。
お金を借りるのに住まいは関係あるの?と思うかもしれませんが実は関係がおおありです。
まず、住まいの状況としてはいくつかのケースに分けられます。
大きく分ければ賃貸なのか持ち家なのかという点でしょう。また持ち家といっても、一戸建てなのか、マンションなのか、そしてその持ち家は誰が所有者なのか、もし所有者が自分もしくは配偶者という場合には、住宅ローンの返済はあるのか、あるなら毎月どれくらい支払っているのかなど、ひとそれぞれ違うでしょう。
カードローン審査では、返済能力の有無が大きなポイントになります。
その上で基本となるのが年収ではありますが、返済能力はその年収の中でどれくらい返済に回せるのかが大切になるのです。
たとえ年収が高くても、毎月支払う金額が膨大ならカードローン審査は厳しくなりますし、逆にそれほど年収が高くなくても、毎月出ていく金額が少なければ十分返済できると判断されます。
住まいの状況が、その毎月の支払額と関係あるのです。
賃貸に住んでいれば必ず家賃や共益費を支払わないといけませんから、毎月の給料から必ずなくなるのです。
また、持ち家でも、自分が所有者で住宅ローンがあれば家賃同様、自動的になくなるお金です。
その他に固定資産税等もかかるでしょう。
それが持ち家でも家族が所有していれば、住まいに関して毎月支払うお金はないのですから、その分を返済に回せると判断されます。また毎月支払いがあるといっても、持ち家で住宅ローンを支払うケースでは、あくまで持ち家という財産があるので、万が一の時には持ち家を手放すという選択肢もあるので、賃貸よりも有利でしょう。
ですので、もしアパートに住んでいるという方なら、カードローン審査のため実家に住所を移すのも一つの手かもしれません。

 

カードローン審査における他の借入金の有無

 

カードローン審査

 

カードローン審査では、これから借りるカードローン以外に他の借入金があるかどうかがポイントになります。
もちろん、他の借入金はないに越したことはありませんが、あるからといってカードローン審査がクリアできないというわけではありません。
もちろん、借入金があれば審査に不利であることは間違いありませんが、あくまでその借入金の額、そして毎月の返済額によって変わってきます。
まず毎月の返済額ですが、当然年収・月収から支払いするわけですから、新たにカードローンを申し込んだ時に返済できる額が少なくなってしまうからです。
例えば、毎月の給料から生活費や光熱費、交際費等を差し引いて、いつも5万円余裕があるという方でも、借入金の毎月の返済額が3万円となれば、生活が厳しくなるでしょうから審査も難しくなるかもしれません。
それが仮に1万円の返済額ならもう少し大丈夫となるでしょう。
また、借入金の額としては、特に消費者金融カードローンが関係してきます。
貸金業法に基づいてお金を融資する消費者金融では、総量規制により年収の3分の1を超える融資はできないのです。
そのため、残債の額がもしすでに3分の1になっていれば融資できません。
また、まだ余裕があったとしても、その余裕ある分までしか融資ができないということになるのです。
じゃあ、借入金は他の金融機関だから偽って、借り入れなしと記載してもいいのかな、と思うかも知れませんが、そのような情報は金融機関で共有できる部分があるので偽ることはできません。
また、仮に偽ることができたとしても、返済が厳しいことには違いないので、結果的に返済できないということになりかねないのです。

 

カードローン審査で借り入れ時、完済時の年齢

 

カードローン審査

 

カードローンの申し込みでは生年月日、年齢を記入しますが、実はこれもカードローン審査のチェックポイントとなります。
年齢といっても大きく分けると借入時の年齢、そして完済時の年齢があります。
借入時の年齢とは、信頼度に関係があります。
基本的にカードローンは成人しないと利用できませんから、カードローン審査では20歳未満はクリアできません。
じゃあ20歳を過ぎればいいのか、というと原則的にカードローンを持つ事は許されますが、学生、収入がない方などは厳しくなります。
アルバイトならカードローン審査をクリアできる可能性はありますが、20歳程度で長期間アルバイトを続けているという方も少ないので、すぐに辞める可能性もあると判断されるので審査は厳しくなると言えるでしょう。
また正社員として勤務していても、就職して間もない場合にはリストラの可能性もありますし、自ら辞めることも少なくありません。
そしてなによりお金を借りる、返す、という事に関して、若い方だと少し意識が低い傾向がありますし、そもそもこれまでの借入実績がないですから、信頼されません。
では、年齢が高ければ高いほどいいのかというと、そういうわけではありません。
極端な話、80歳になった方がカードローンを持っても一般的には年金しか収入がないのですから返済能力がないと判断されます。
また現在勤務している方でも、そのカードローンを完済する前に定年になるだろう、という方も厳しくなります。
一番年齢で有利なのは、働き盛りの30〜40代でしょう。
年収も上がってきているでしょうし会社でも重要なポストにいることも多いです。
そして人間的にも成長している上に、これまでの返済実績もあるでしょうから、そういった点で信頼されやすいのです。

 

カードローン審査におけるこれまでの返済状況

 

カードローン審査

 

カードローン審査は、カードローンの申込書に記載する内容だけで判断するわけではありません。
それ以外の審査項目に、これまでの返済状況があります。
初めてお金を借りる、またクレジットカードも持った事がない、という方もいるでしょうが、たいていの人はこれまでにいくつかの借入をした事もあるでしょうし、クレジットカードも持っていることでしょう。
お金を借りた場合はもちろん、クレジットカードも毎月決められた額を支払っていくことになります。
当然ですが、決められた期日に決められた額を返済することになりますが、人によっては返済が遅れてしまうという事もあるかもしれません。
カードローンの審査では、それらの過去の返済状況をチェックして、問題があると審査が厳しくなってしまうのです。
金融機関では毎月確実に返済してくれる信頼できる方に融資するもので、返済遅れがあるような方は融資できないこともあるのです。
とはいうものの、他の金融機関、信販会社なのだから、返済が遅れてもわからないでしょう、と思うかもしれません。
確かに1度や2度の返済遅れ程度で、すぐに支払いしていれば問題ないのですが、毎月のように返済が遅れている、遅れても2〜3ヶ月も返済しない、なんてことになれば、信用情報機関に事故情報として記載されてしまうのです。
その信用情報機関の情報については、各金融機関でチェックできるので、そういう方は審査が厳しくなるのです。
最近ではスマホの機種料金が分割払いしている人も少なくないでしょう。
実はこれもローンと同じですので、たかが電話料金と思っているとカードローン審査に影響する事があるので注意しましょう。

 

早い時間にカードローン審査を

 

カードローン審査

 

カードローンの魅力は、審査が早いということで、条件によっては即日融資可能という点です。
大手の消費者金融カードローンに関してはそれほど申し込み時間を気にしなくても良いかもしれませんが(それでも夜遅い時間は駄目)、銀行カードローンの場合、出来るだけ早く審査を終えてお金を借りたい、即日融資してもらいたいという方はちょっと厳しくなる場合があります。
カードローン審査で早く融資してもらうためのマル秘テクニックとしては、出来る限り早い時間にカードローン審査を受けるという事です。
即日融資可能と言っても、銀行カードローンの場合には申し込み時間、審査時間が早いのです。
金融機関によって若干異なりますが、午後2時くらいまで申し込みが終了しないといけません。
ただ、それまで申し込みを完了すれば即日融資できるのか、というとそういうわけではないのです。
それでも即日融資は厳しくなる事もありますし、人によっては収入証明書の提出を求められたり、書類の不備があるかもしれません。
そうなると審査は翌営業日になりますし、仮に土日祝日を挟むと数日間審査を受けられない、すなわち融資してもらえない、ということもあるのです。
ですので、同じ日に申し込みするとしても、出来るだけ早い時間に、できれば午前中、可能なら金融機関の融資窓口が開いたらすぐに申し込んでみるのがいいでしょう。
その際には、即日融資希望という事を明確に伝えることも大切でしょう。

 

家族にばれずにカードローン審査を受ける方法

 

カードローン審査

 

カードローンに限った事ではありませんが、マイカーローンや住宅ローン以外にお金を借りるというのはあまり他人には知られたくないものです。
また、お金が必要な内容によっては家族にすら知られたくないというケースもあるでしょう。
そんな方が家族にばれずにカードローン審査を受ける方法としては、消費者金融を利用するというのが良いかもしれません。
もちろん銀行カードローンでも家族に内緒で銀行窓口に行ったり、インターネットで申し込みすることも可能です。在籍確認は会社に電話がかかってくるものですし、それも最近の金融機関は配慮してくれて個人名でかけてくるので、家族はおろか会社の方にも知られずに済みます。
ただ、銀行カードローンの場合には、専用カードが郵送になる事が多いのです。
それで家族にばれてしまうことは多々あるのです。
消費者金融であれば、最寄りの無人契約機を利用してカードローン審査を受ければ、その場で専用カードを発行してもらえますので、カードの郵送で家族にばれることはないでしょう。
また、中には財布に入れていた専用カードを見られてばれるというケースもあります。
それを回避するには、カードレスのカードローンもありますし、また銀行カードローンによってはキャッシュカードと一体化しているものもあるので、そういったタイプのカードローンをチョイスするのも一つの手です。
ただ、カードローンの返済等が滞納してしまったりするとハガキや電話で連絡が来る事もあるので、そちらには充分に注意が必要です。

 

お金が必要なその日にカードローン審査を

 

カードローン審査

 

カードローン審査のマル秘テクニックとしては、お金が必要なその日にカードローン審査を受けるというのも一つの方法です。
もちろん、前もってカードローンを申し込んでおいても、実際にキャッシングしなければ返済も利息もありませんから、同じと言えば同じです。
むしろ、事前に申し込んでおいた方が、万が一カードローン審査に時間がかかってしまうと、その日にお金が借りられない可能性もあるので、心配な方は事前に申し込んでおくことが良いでしょう。
ただお金が必要なその日にカードローン審査を受けることでお得になる事もあるのです。
もちろん即日融資がより現実的な消費者金融を申し込む事が条件ではありますが、その消費者金融によっては無利息サービスがあるところもあるのです。
その条件がカードローン審査を受けた日、つまり審査をクリアできた日から30日間無利息というところが多いのです。
そういったカードローンに事前に申し込んでいると、無利息期間が短くなってしまうのです。
例えば10日前にカードローン審査を受け、今日実際にお金が必要になってキャッシングしたとします。
そうすると、無利息期間は残り20日間ということになってしまうのです。
つまり、無利息期間を有効に使うためにはカードローン審査をお金が必要になるその日のおこなうのがいいのです。
それにより、無利息で完済できることもありますし、仮に無利息期間を過ぎても、利息負担は軽減できるというわけです。

 

カードローン審査に有利な時期に申し込んでおく

 

カードローン審査

 

カードローンは非常に審査が早いのが特徴です。
そして、特に返済履歴、年収等に問題がなければ、カードローン審査をクリアできることでしょう。
ただ、返済実績がない、もしくは滞納履歴がある、年収も少ない、他の借入金などが多いなど、返済能力に関して問題がある方などはカードローン審査をクリアできない事もあるのです。
とはいうものの、カードローンを申し込む方は、生活がちょっと厳しい、急な出費で対応できないなど、お金に関して余裕がない方が多いでしょう。
人によっては、仕事がなくなってお金が必要になったという方もいるでしょう。
充分な収入、貯金もある方がわざわざカードローンを申し込む事はないでしょうから。
ですので、カードローン審査を受ける方によっては、本当に審査をクリアできない方もいるのです。
カードローン審査のマル秘テクニックとしては、カードローン審査に有利な時期に申し込んでおくというのも一つの方法です。
先述のように、お金に余裕がある時はカードローンを申し込みしない方が多いですが、この時期に申し込んでおくと、カードローン審査はクリアしやすいのです。
十分な安定収入があり、借入がない、あっても問題なく返済できている状態であれば審査はクリアできるでしょう。
それが仮にリストラにあってから、給料が少なくなってからだと厳しくなってしまうのです。
カードローンは原則としては申し込みした時点と状況が変わればその都度、変更しないといけないのですが、実際は何もしなくてもわかられません。
そして更新があるわけでもないので、事前に申し込んでおけば、審査に厳しい状況になっても新たに審査を受ける必要がないのでカードローンが利用できるという訳です。

 

カードローン審査における収入証明書等、必要書類は念のため準備

 

カードローン審査

 

カードローンのメリットは、消費者金融カードローンなら50万円以下、銀行カードローンなら100万円もしくは300万円までは収入証明書不要という点です。
そのためカードローン審査の際には、本人確認書類、自動車を運転する方であれば運転免許証だけでOKなのです。
カードローン審査のマル秘テクニックとしては、本来は本人確認書類だけ準備すれば申し込みできるのですが、できることなら念のため収入証明書等、必要書類は準備しておくことです。
収入証明書は不要なんでしょ?と思うかもしれませんが、それはあくまで「原則として」です。
審査の状況によっては先述の融資限度額以下であっても、収入証明書の提出が求められる事があるのです。
例えば、消費者金融などは総量規制により年収の3分の1の借入までしかできませんが、他に借入があったりすると、実際に借りられる金額が変わってきたりします。
また、自営業者などは在籍確認は意味がありませんので、間違いなく十分な収入があるかどうかを見極めるためにも収入証明書の提出を求められる事が多いのです。
また、土日祝日に申し込みした場合、会社が休みだと在籍確認ができません。
そのため、本当に勤務しているかどうかが分かるまで融資ができないのです。
ただ、そんな方が即日融資してもらいたいという時には、本当にその勤務先で働いているかどうかの証明が必要になる事もあります。
そんな時には直近の給与明細書や社員証など、確認できる書類等も必要になる事があるのです。
こういった書類が申し込んだ時に準備していないと、そこからまた準備しないといけないので、そうこうしているうちに即日融資ができなくなってしまう事があるのです。
実際に使わなかったとしても、スムーズにカード審査してもらう単には準備しておくといいでしょう。

 

主婦がカードローン審査をクリアする方法

 

カードローン審査

 

カードローンを利用したいという方にはいろいろな方がいます。
働いている男性であれば、年収や職業など様々な条件がありますが、たいした問題ではないでしょう。
ですが主婦となれば話は別です。
専業主婦の方は収入がないわけですから、返済能力がなくカードローン審査は厳しいでしょう。
そんな主婦がカードローン審査をクリアする方法がいくつかあります。
まずは、パートやアルバイト、内職、在宅ワークでも何でもいいので、収入を得ることです。
もちろんその額は大きい方がいいですが、月に4〜5万円だとしても、それが安定して得られていればカードローン審査がクリアできる場合もあります。
消費者金融カードローンなどは、総量規制により年収の3分の1までしか借入できないですし、銀行カードローンでも同じくらいでしょう。
そのため先述の収入では15〜20万円位までなら借りられる可能性が出てきます。
また、働いていない専業主婦の場合、旦那さんの収入を基にカードローン審査を受ける方法があります。
この場合、旦那さんの審査状況にもよりますが、無収入でも主婦名義でのカードローンを持つ事も可能です。
その際旦那さんにも内緒でカードローン審査も受けられますし、在籍確認が旦那さんの会社に行くこともありません。
ただ、旦那さんがカードローンを自分名義で申し込んだ場合よりも融資限度額は少なくなる事が多いです。
ただ、このやり方は消費者金融カードローンではできないので、銀行カードローンを利用することになります。

 

カードローン審査で不要なクレジットカードは解約

 

カードローン審査

 

カードローン審査では、審査がクリアできるかどうかが不安でしょう。
そして仮にカードローン審査がクリアできなかった場合にも、その要因が分からない(教えてもらえない)ので、どうすることもできません。
実際、自分が審査をクリアできるかどうかは、事前には分からないものです。
借入金が多くて審査がクリアできないかもしれない、返済が頻繁に滞った事があるという方であれば、もしかしたらそれが原因で審査がクリアできないかもという予想ができる方はいます。
ですが、そういったこともないし、年収もそれなりにあるのにクリアできない、ということもあるのです。
そういった方はクレジットカードを持っている事が原因になる事もあります。
クレジットカードは1枚に限らず複数枚持っている方もいるでしょう。
その中には、使っていないクレジットカードもあるのではないでしょうか。
カードローン審査のマル秘テクニックとしては、申し込みをする前に不要なクレジットカードは解約しておくというのも一つの方法になります。
クレジットカードにはキャッシング枠が設定されているものもあります。
特にそれを利用しているわけではない、ショッピングすら利用してない、という方もいるかもしれません。
ですが、そのキャッシング枠もたとえ利用していなくても借入金と判断される事があるのです。
仮に1つのクレジットカードで30万円のキャッシング枠が設定され、それが3枚もあればすでに90万円借りていると判断されるのです。
そのため消費者金融では総量規制で年収の3分の1までしか借入できないので、それに引っかかってしまいカードローン審査がクリアできない場合もあるのです。

 

カードローン審査に落ちたらどうしたらいい?

 

カードローン審査

 

カードローン審査に落ちてしまったという方は少なくないかと思います。
もしカードローン審査がクリアできなかったという場合、どうしたらいいのでしょうか。
審査がクリアできなかったという事は、審査項目のどれか、もしくは複数の項目で問題があったからという事に間違いありません。
単純に考えれば、その項目をクリアできればいいのですが、実際何が原因で落ちてしまったのかは知らされる事はありませんのでわかりません。
ただ、その審査項目についてはどこの金融機関でもほぼ同じなのですが、審査基準は多少違っているのです。
審査は各金融機関ごとにおこなわれるものですから、一つのカードローン審査に落ちたからといって必ずしも、他の金融機関の審査も落ちるという事ではないのです。
ですので、もし審査で落ちてしまったという方でも、落胆するのではなく、今度は他の金融機関に申し込んでみるといいでしょう。
特に銀行カードローンと消費者金融カードローンだと違いが大きいと言われていますから、銀行カードローンで落ちてしまった方は消費者金融カードローン、逆に消費者金融カードローンが落ちてしまった場合には銀行カードローンを申し込んでみるといいかもしれません。
また、変えられる条件があったら、変更してみて再度申し込みしてみるのも良いでしょう。
間違ってもカードローン審査が落ちてしまった、もうどこからも借りられないと思って闇金に手を出したり、もしくは窃盗などの犯罪などを起こさないようにしましょう。

 

闇金ならカードローン審査はクリアしやすい?

 

カードローン審査

 

カードローン審査がクリアできるかどうかは各金融機関の審査基準によるものなので、申し込みしてみない事には分かりません。
お金を借りる手段には、銀行もしくは消費者金融カードローンの他に、闇金という選択肢もあります。
では、闇金ならカードローン審査はクリアしやすいのでしょうか。
闇金がカードローンと呼べるかどうかはわかりませんが、闇金の審査はほとんどの方がクリアできると言って間違いありません。
各金融機関で審査がクリアできないような方、例えば債務整理を行った方や信用情報機関に事故情報が記載されてしまっている方などは、たいていの金融機関では審査はクリアできないのです。
そんな方でも闇金ならクリアできるものです。
それは、闇金は信用情報機関の情報をチェックするわけではない(閲覧できない!?)ですし、そもそも年収や職業などの情報をほとんどみません。
大切なのは本人かどうか、なのです。
返済能力があるかどうかなど二の次で、返済能力がなくても強制的に取り立てをするのです。
そもそも、闇金の法外な利息で返済できる人はほとんどいませんし、仮に返済できるような方はカードローン自体申し込みしないでしょう。
ただ、一度に10万円以上の融資はほとんどしないでしょう。
たいていは5万円位の少額の融資になります。
というか、審査がクリアできるから闇金に手を出すというのは絶対にやってはいけません。
法外な利息は消費者金融の高い利息とはわけが違うのです。
平和な生活を続けたいのであれば、どのような事があっても手を出してはいけません。
それをするなら債務整理した方がいいでしょう。

 

ブラックリストに載ったらカードローン審査は通らない?

 

カードローン審査

 

カードローン審査に関してよく言われる噂としては、ブラックリストに関してのことがあります。要するに、ブラックリストに載ったらカードローン審査は通らない、ということです。
これに関してですが、そもそもブラックリストというものは存在しません。
ブラックリストとは、いろいろな店舗にてトラブルを起こすようなお客様を登録したリストということでしょうが、金融業界においてこういったものはないのです。
ただ、似たような物としては信用情報機関のリストがあります。
ただ信用情報機関のリストとは借入をした方、クレジット等を利用した方などが全て記載されているもので、特に返済などに問題がなければそれ以外何も記載されていないものです。
それが債務整理や返済の滞納などがあると、事故情報として記載されてしまうのです。
カードローン審査に限った事ではなく、その他の融資審査の場合にも、審査の際に事故情報があるかないかを確認するわけです。
そのため、事故情報が記載されているほとんどの場合には、カードローン審査はやはり通らない、ということになります。
ただ、一般の方が自分の信用情報機関に事故情報が載っているかどうかはわからないのです。
カードローン審査の基準は各金融機関によって異なるので、審査がクリアできるカードローンもあれば、クリアできないカードローンもあるというわけです。
ですので、カードローン審査がクリアできなかった=事故情報が載っている、ということではないのです。

 

ギャンブルに使うお金でもカードローン審査はクリア可能?

 

カードローン審査

 

カードローンの特徴としては、使用用途が問われない、つまり借りたお金をどのような使い方をしても構わないということです。
そのため、借りたお金で旅行に行ったり、欲しいものを購入したり、生活費に充てても、借金の返済に使ってもいいのです。
では、ギャンブルに使うお金でもカードローン審査はクリアできるのでしょうか。
先述のようにカードローン審査では使用用途は問われないわけですから、ギャンブル目的でもOKでしょう。
ただ、お金を貸す場合、やはりギャンブル目的と聞いて、貸してくれる人はなかなかいないのではないでしょうか。
それは金融機関でも同じで、やはりギャンブルに使うと聞いて、いい思いはしないのではないでしょうか。
ですので、使用用途自由とは言うものの、もしかすると厳しくなる可能性も否定できません。
カードローンは記載した使用目的以外に使っても問題ありません。旅行に行くとして生活費に充てても構いませんし、電化製品の購入と言っておいて借金に充てても構わないのです。
ですので、もしギャンブルで使いたいという場合には、なにもわざわざ正直にギャンブル目的と記載せず、旅行等その他の理由で申し込んでみた方が良いでしょう。
もちろんギャンブル目的で審査がクリアできないということではないのですが、その方が確実でしょう。
ただ、実際借りたお金をギャンブル目的に利用するのはあまりオススメできません。
カードローンは金利も高いので、本当に必要な時しか利用しない方が良いでしょう。

 

カードローン審査はごまかしても大丈夫?

 

カードローン審査

 

カードローン審査では、年収や職業、その他の借り入れなどさまざま記載しないといけない点があります。
当然ですが、それは正直に記載しないといけません。
ただ、人によっては、多少ごまかしても大丈夫なのでは?と思うかもしれません。
実際、カードローン審査では、最終的に在籍確認があるため勤務先を偽る事は出来ません。
また、専用カードの発送がありますし、本人確認書類の提出は必須なので、住所や氏名、年齢、生年月日をごまかす事はできません。
ですが、その他の項目についてはごまかそうと思えばごまかす事は可能でしょう。
例えば、カードローンはある程度の融資限度額まで(50万円、100万円、300万円など金融機関によって異なる)、収入証明書の提出は不要となります。
そのため、年収を多めに記載する事はできます。
また、扶養家族の数もゼロにする事カードローン審査が有利になるかもしれません。
ただ、当たり前ですがカードローン審査の項目はごまかしてはいけません。
もしかすると有利になる事もあるかもしれませんが、そういう事をして借りても、返済できなくなる可能性があります。
例えば、正直に記載することで仮に審査がクリアできないとします。
そのような状態なのに騙して借りてしまうと、本当に返済できずに滞納してしまう事になりかねません。
また、もしも途中でそれがばれてしまえば借入金の一括返済を求められることもあるのです。
また融資限度額をアップしようとした時に、収入証明書の提出を求められることがありますが、その際にばれることもあるでしょう。
そうなると、融資限度額をアップできなくなるでしょう。